2017年8月28日

アレックス通信 Vol. 93 : さまざまな人生  [2017年8月28日配信バックナンバー]

さまざまな人生

先般、俳優の滝田栄さんと知り合いました。NHK大河ドラマの常連で徳川家康を演じたり、劇団四季では「ジーザス・クライスト・スーパースター」や「レ・ミゼラブル」でも長年活躍されました。ここのところしばらくお見掛けしませんでしたが、なんと俳優やメディアでのお仕事は半ば引退されて、現在は八ヶ岳で仏像を彫っておられます。その仏像展を八ヶ岳の康耀堂美術館でやっているということで先日拝見しに行って来ました。展示は仏像だけでなく、その前からやっているという陶芸の作品もたくさん展示してありました。母上が亡くなられた時に供養の為に観音菩薩像を彫ったことがきっかけだったそうですが、仏像はどれも独特の表情をした趣のあるものでした。陶芸も、韓国の税関で国宝と勘違いされたという作品などもあり、どれも本格的なものでした。


夜は滝田さんのお宅でさまざまな手料理をご馳走になりましたが、長年料理番組の司会をやられていただけあってどの料理もプロ級でした。近くにアナウンサーとして活躍された小林節子さんが住んでおられて、小林さんはじめ近所の皆さんが合流して楽しい夕食会となりました。小林さんのお知り合いがやっているという近くのペンションに宿泊しましたが、オーナーのご夫婦は非常に雰囲気のある話し好きで魅力的な方々でした。ご主人は元ビジネスマンで米国や英国に長く駐在していたとのこと。現役引退後に、趣味の写真に最適な場を求めて東京から移り住んで夫婦でペンションを始めたそうです。


滝田さんは俳優稼業に疑問を感じてインドに渡り、2年ほどインドの聖者のもとで修行し、いろいろと神秘的な体験もされたそうです。一泊二日の短い旅でしたが、さまざまな人生があるものだということにあらためて思いを巡らせた印象深い旅となりました。

東山魁夷の作品のモチーフにもなったといわれる御射鹿池(みしゃかいけ)

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2017年8月28日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。