2014年10月31日

「麻世妙 majotae」デビュー: 辻野晃一郎コラム [2014年10月24日配信バックナンバー]

日本では古来から大麻布(たいまふ)が重宝されてきたそうですが、太平洋戦争後に大麻=麻薬ということでその栽培が禁止されてしまい、その後すっかり廃れて大麻布が人の目に触れることもなくなってしまいました。生活環境の変化の中で、「食」の安全に対する人々の意識が非常に高まっており自然食材が関心を集めていますが、同様に、「衣」の世界においても、自然素材の素晴らしさを見直す機運が高まってきています。中でも、大麻布は、速乾性に優れているほか、保湿性や抗菌性も高く、強靭でかつやわらかいという究極のファブリックとしての特質を多く備えているそうです。その日本人が忘れてしまった自然布の復活に向けて、近世麻布研究所の吉田真一郎さん、京都の帯匠誉田屋十代目の山口源兵衛さんのお二人が動き始めていたところ、偶然にもエイベックスの松浦さんとの出会いがあり、この異色の組合せでの取り組みが始まったそうです。

10月22日に、代官山のヒルズテラスの一角で、そのお披露目パーティーがありました。復活させた究極の大麻布は「麻世妙(まよたえ)」と命名され、これから世界のスタンダードファブリックにすることを目指すそうです。山口源兵衛さんは本当に強烈な方で、何をやるにも一切の妥協を排して突き抜けるタイプですが、京都人として完全なよそ者であるにもかかわらず、大阪岸和田のだんじり祭りにも強引に参加して毎年全力で岸和田の街を走り回り、大麻布の生産で赴いた奄美大島では猛毒ハブの捕獲に熱中したりと、とにかくやることなすこと桁外れな人物です。そんな源兵衛さんのエネルギーと、自然布を知り尽くした吉田さんの組合せに、エイベックスというブランド力や資本力が加わって今回のデビューが現実のものになったわけですが、このような取り組みこそ、20世紀のメイド・イン・ジャパンの成功体験とはまた別のスタイルで世界に日本が貢献する一つの形になるのではないかと予感させてくれます。

流通はまずは三越伊勢丹さんからスタートされるそうですが、世界から注目される日本発の新たなファブリックブランドとして育って行くことを期待したいと思います。
 
「麻世妙 majotae」デビュー

辻野晃一郎コラム
このエントリーは 2014年10月24日 配信の ALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。