2012年3月29日

中田英寿さんのオフィス訪問

先日、中田英寿さんがオフィスを訪問してくださいました。

中田さんは日本文化をより多くの人に知ってもらうきっかけをつくり、
新たな価値を見出すことにより、文化の継承・発展を促すことを目的として
ReVALUE NIPPONという日本再発見プロジェクトに取り組まれています。
ウェブサイトには、中田さんが47都道府県を巡る旅が掲載されています。ReVALUE NIPPON

アレックス株式会社も「日本の優れたアイデア、技術、プロダクト、文化を束ね、世界に新しいエクスペリエンスを創出していく」というコンセプトを掲げ邁進していますが、日々接する日本の文化や技術の素晴らしさを中田さんと共有し、改めて決意を新たにしました。

児玉

中田英寿さんとアレックス株式会社のメンバー

2012年3月26日

梅見の頃

やっと暖かくなり、春の兆しが感じられます。そろそろお花見の季節も近づいてきました。 お花見というと、やはり桜ですが、梅見も、なかなかおつなもの。先日、奈良は月ヶ瀬村まで梅見に行ったという人から、山すそがピンクのグ ラデーションになって、馥郁たる香、しかも、鶯がよく鳴いていた、という報告がありました。梅に鶯、実に絵になる光景です。梅は、桜より一足早く、春寒の候から咲きはじめる、春を告げる花です。親しみやすい庶民的な?花ですが、その種類は300種類以上もあるそうです。そして、そのすべてに、素敵な名前がついているのだそう。月影、柳枝垂れ、大盃、入日の海、緋桜梅、夏衣、大牡丹…。『薔薇の名前』という、秘密に満ちた中世の修道院が舞台の、イタリアの小説があります。いかにも、それらしいタイトルだと感心しますが、薔薇を梅に置き換えると、途端に、なんだかのどかな田園風景が浮かんできます。梅盆栽の造形美にはまっている梅愛好家も多いそうです。香りも奥深い梅について知れば知るほど、梅見がさらに楽しくなりそうです。

森山

2012年3月22日

日本の良さを探す旅

代表取締役社長兼CEO 辻野晃一郎

先日、鹿児島県の鹿児島市や霧島市、福岡県の大川市を回ってきました。JR九州のOBで現在プルデンシャル生命保険にお勤めの伊藤智之氏がすべての行程を完璧にアレンジして下さいました。伊藤氏とは福岡「維新の志」を通じてお知り合いになりました。
忘れの里や天空の森を開発・経営しておられる田島社長御夫妻ともお会いしてさまざまなお話を聞かせていただきましたが、特に、「観光業」というものを求道者のように追求しておられる田島社長のスタイルは印象的でした。

仙厳園に隣接している尚古集成館では、欧州から海洋をたどると最初にたどり着く日本の地となる薩摩こそが当時の交易の拠点であり、圧倒的な財力と軍事力を備えて近代国家建設の原動力となるに至った背景をあらためて理解出来た気がしました。

大川市では、日曜日にも関わらず木工職人、家具職人の皆さんが大勢催事場に集まっておられて、九州国立博物館で展示を終えたばかりの「大川匠の世界コレクション」を再現し、出展作品の一つ一つについて、丁寧な説明をしてくださいました。昨年末に富山県高岡市を訪問した時に感じたのと同じ地域の若い職人の皆さんの危機意識に根差した熱気とエネルギーを感じました。

今回も大勢の皆さんとの出会いがありましたが、地方にお邪魔するたびに、東京一極集中によって忘れ去られた大事なことを一つ一つ再発見させられるような思いがします。日本の何が良いのか、何が強味なのか、ということを見つけ出す為に、もっともっと地方を回らねばならないと改めて思いました。

 桜島を望む(訪問翌日にも噴火)

2012年3月15日

佐賀県立九州陶磁文化館柴田コレクション

江戸時代、鍋島(佐賀)藩が直営の藩窯をつくり、技術の粋を集めて、焼き上げた「鍋島」は幕府や朝廷への献上品として重用されていく。
時を同じくして、明が滅びた後、磁器の一大産地であった景徳鎮からの輸出が激減。
オランダ東インド会社は、景徳鎮のかわりに、日本の有田の地に注目し、1659年以降、有田で焼かれた多くの焼き物が、伊万里港からヨーロッパに輸出されるようになり、王侯貴族の趣味・嗜好に合わせて、洗練の度合いを深めていった。
こうした背景から、「伊万里=IMARI]と呼ばれた当時の有田産の磁器は、日本の磁器として世界的にも非常にポピュラーである。

江戸末期の1830年代くらいまでに肥前有田で焼かれた陶磁器を特に「古伊万里」という。現在は有田産のものを有田焼、伊万里産のものを伊万里焼と呼ぶ。

伊万里焼・有田焼といえば、白地に色絵の鮮やかなものをイメージする方も多いだろう。
が、3月13日からALEXCIOUSでご紹介している、有田製窯のシリーズは、モノトーンを基調に現代の技術でしか施せないプラチナ箔を使用。柄のあるものは、伝統の吉祥文様や草花紋を用いている。シックさと華やかさを兼ね備え、現代のモダンなインテリアにもしっくりとなじむ。

こうした有田産磁器の、江戸時代初期から幕末までの変遷をたどれる一大コレクションが、「柴田コレクション」である。東京在住の柴田明彦・裕子夫妻が生涯をかけて集めた1万点以上のコレクションを、生産地である有田で、歴史文化の遺産として末永く保存されるようにと、有田町にある「佐賀県立九州陶磁文化館」に寄贈された。
柴田コレクションは同館の第5展示室に、常時1000点ほどが公開されている。
私も一度訪れたことがあるが、こぢんまりとした展示室は、まるでご夫妻の応接間のように心地よく、心ゆくまで鑑賞できる素敵な空間だった。

30年近く前、アメリカ現代陶芸展(サントリー美術館)では、星条旗模様の陶器のウェスタンブーツに注目が集まり、焼き物という伝統をもたないアメリカでの、陶磁という素材への取組みが新鮮だった。

世界中あらゆるところに陶磁器ファンはたくさんいる。
江戸時代からグローバルにもてはやされ続けるIMARIの“クールな今”が、そうした目利き方たちの目にとまりますように!
越山

2012年3月13日

スキャナ購入

先日念願のスキャナを買い自炊を始めました!

部屋が片付かないので、思い立って本や書類を全部電子書籍にした後捨てることにしました。
毎週5,6冊進めています。週ごとにものが減っていくのはなかなか爽快感があります。奥さんには、「情報科学の道を進むものとして全ての物は情報化(デジタル化)しなくてはならない。」とスキャナ代の説得をこころみたのですが、結局自分のおこづかいから出費することになりそうです。職場と家の間で本を持ち歩かなくでよくなり非常に便利になりました。全てをデジタル化しておけばHDD片手に逃げればよいという点で、非常時の対策としてもよいかもしれません。
日本のエンジニアが皆自炊に時間を費やしていると思うともったいなく、技術書だけでも電子書籍販売をより推進して欲しく思います。
長野

2012年3月10日

自分にできること

東日本大震災発生から1年が経とうとしています。

先日10年振りに出張でフランス、パリを訪れたのですが、たまたまパリ大学で出会った学生が「来る3月11日には祈りの集会に参加するんだ」と私に話してくれました。日本、世界からの支援の輪、祈りの輪は今も広がっています。

昨日、ALEXCIOUSにAK(Akemi Kakihara)さんというアーティストのページをアップしました。AKさんはニューヨークにお住いのシンガーソングライターの方です。

AKさんは東日本大震災の発生後、被災地での支援ライブを保育園で行うなど、非常に積極的な支援活動を行ってこられました。保育園でのライブのお礼にと園児達が描いてくれた絵を、ラッピングペーパー(FUKUSHIMA“えがお”WRAPPING PAPER)にして、NYから世界の人に福島の今を知ってもらうというプロジェクトも起こされています。

そのAKさんが日本時間3月11日にニューヨークで「Together for 3.11」というイベントを開催されます。AKさんの暖かく、そして力強い思いは、驚くほど多くのニューヨークの人々の心を動かしています。



私は日本でこの3月11日をむかえます。



今一度自分にできることは何か、じっくりと考え日々の行動に移したいと思っています。


北川

2012年3月5日

Ten 100-year predictions that came true

By Tom Geoghegan (lightly edited by David)

In the wake of the recent increase in geological activity, and the rather sobering prediction that there is a 70% chance of ‘the big one’ hitting Kanto within the next four years, I thought I would share the following more gentle predictions that were made a hundred years ago.

In 1900, an American civil engineer called John Elfreth Watkins made a number of predictions about what the world would be like in 2000. How did he do?

In December 1900, John Elfreth Watkins wrote an article that was published in the Ladies' Home Journal, entitled What May Happen in the Next Hundred Years.

He began with the words: "These prophecies will seem strange, almost impossible," explaining that he had consulted the country's "greatest institutions of science and learning" for their opinions on 29 topics.

Ten predictions that Watkins got right...

1. Digital color photography

Watkins did not, of course, use the word "digital" or spell out precisely how digital cameras and computers would work, but he accurately predicted how people would come to use new photographic technology.

"Photographs will be telegraphed from any distance. If there be a battle in China a hundred years hence, snapshots of its most striking events will be published in the newspapers an hour later.... photographs will reproduce all of nature's colors."

This showed major foresight because when Watkins was making his predictions, it would have taken a week for a picture of something happening in China to make its way into Western papers.

People thought photography itself was a miracle, and color photography was very experimental.

"The idea of having cameras gathering information from opposite ends of the world and transmitting them - he wasn't just taking a present technology and then looking to the next step, it was far beyond what anyone was saying at the time."

Patrick Tucker from the World Future Society, based in Maryland in the US, thinks Watkins might even be hinting at a much bigger future breakthrough.

"'Photographs will be telegraphed' reads strikingly like how we access information from the web," says Tucker.

2. The rising height of Americans

"Americans will be taller by from one to two inches."

Watkins had unerring accuracy here - the average American man in 1900 was about 66-67ins (1.68-1.70m) tall and by 2000, the average was 69ins (1.75m).

3. Mobile phones

"Wireless telephone and telegraph circuits will span the world. A husband in the middle of the Atlantic will be able to converse with his wife sitting in her boudoir in Chicago. We will be able to telephone to China quite as readily as we now talk from New York to Brooklyn."

International phone calls were unheard of in Watkins' day. It was another 15 years before Alexander Bell would make the first call, even from one coast of the US to the other. The idea of wireless telephony was truly revolutionary.

4. Pre-prepared meals

"Ready-cooked meals will be bought from establishment similar to our bakeries of today."

The proliferation of ready meals in supermarkets and takeaway shops in High Streets suggests that Watkins was right, although he envisaged the meals would be delivered on plates which would be returned to the cooking establishments to be washed.

5. Slowing population growth

"There will probably be from 350,000,000 to 500,000,000 people in America [the US]."

The figure is too high, but at least Watkins was guessing in the right direction. If the US population had grown by the same rate it did between 1800 and 1900, it would have exceeded 1 billion in 2000.

"Instead, it grew just 360%, reaching 280m at the start of the new century."

6. Hothouse vegetables

Winter will be turned into summer and night into day by the farmer, said Watkins, with electric wires under the soil and large gardens under glass.

"Vegetables will be bathed in powerful electric light, serving, like sunlight, to hasten their growth. Electric currents applied to the soil will make valuable plants to grow larger and faster, and will kill troublesome weeds. Rays of colored light will hasten the growth of many plants. Electricity applied to garden seeds will make them sprout and develop unusually early."

Large gardens under glass were already a reality, says Philip Norman of the Garden Museum in London, but he was correct to predict the use of electricity. Although colored lights and electric currents did not take off, they were probably experimented with.

"Electricity certainly features in plant propagation. But the earliest item we have is a 1953 booklet Electricity in Your Garden detailing electrically warmed frames, hotbeds and cloches and electrically heated greenhouses, issued by the British Electrical Development Association.

"We have a 1956 soil heater, used in soil to assist early germination of seeds in your greenhouse."

7. Television

"Man will see around the world. Persons and things of all kinds will be brought within focus of cameras connected electrically with screens at opposite ends of circuits, thousands of miles at a span."

Watkins foresaw cameras and screens linked by electric circuits, a vision practically realized in the 20th Century by live international television and latterly by webcams.

8. Tanks

"Huge forts on wheels will dash across open spaces at the speed of express trains of today."

Leonardo da Vinci had talked about this, but Watkins was taking it further. There weren't many people that far-sighted.

9. Bigger fruit

"Strawberries as large as apples will be eaten by our great-great-grandchildren."

Lots of larger varieties of fruit have been developed in the past century, but Watkins was over-optimistic with regard to strawberries.

10. The Acela Express

"Trains will run two miles a minute normally. Express trains one hundred and fifty miles per hour."

Exactly 100 years after writing those words, to the very month, Amtrak's flagship high-speed rail line, the Acela Express, opened between Boston and Washington, DC. It reaches top speeds of 150mph, although the average speed is considerably less than that. High-speed rail in other parts of the world, even in 2000, was considerably faster.

... and four he didn't get right

1. No more C, X or Q

"There will be no C, X or Q in our everyday alphabet. They will be abandoned because unnecessary."

This was obviously wrong, says Patrick Tucker of the World Future Society, but also remarkable in the way that it hints at the possible effects of mass communication on communication itself.

2. Everybody will walk 10 miles a day

"This presents a rather generous view of future humanity but doesn't seem to consider the popularity and convenience of the very transportation breakthroughs [moving sidewalks, express trains, coaches] forecast elsewhere in the article," says Tucker.

3. No more cars in large cities

"All hurry traffic will be below or above ground when brought within city limits."

However, many cities do have pedestrian zones in their historic centers. And he correctly forecast elevated roads and subways.

4. No mosquitoes or flies

"Mosquitoes, house-flies and roaches will have been exterminated."

Watkins was getting ahead of himself here. Indeed the bed bug is making a huge comeback in the US and some other countries. Maybe the end of the mosquito and the housefly is something to look forward to in 2100?

David

2012年3月2日

世界中のユーザーに最高の購買体験を提供する

私たちが運営しているALEXCIOUSは、
"日本の優れた資産をグローバルビジネスとしてプロデュースしていく" 
というミッションに基づくオンラインコマースサイトです。
世界中のお客様にサービスを提供するということを目標に、開設当初より英語でのWebサイト運営を行い、現在まで約190か国からのアクセス、数十か国のお客様からのご購入をいただいております。


このように、世界中のお客様とつながりを持てるのは、まさにインターネットというインフラとそれがもたらす様々なサービスのおかげであり、それらをフルに、スマートに、そしてスピード感を持って活用していくことが重要であると日々実感しています。


インターネットという大海原にぽつんと浮かんだALEXCIOUSという名の小さな船。その船をいかにして世界各国のユーザーに発見してもらうのか、、この課題に対しては、主にオンラインマーケティングによる試行錯誤を積み重ね、日々改善と挑戦を繰り返すことが必要です。
また、ALEXCIOUSに来店してくれたお客様をどのようにもてなし、購買していただくのか、品揃え、価格、お店の雰囲気、接客態度、包装、配送時間等々、お客様との接点全てにおいて満足していただくことを目指さなくてはなりません。”最高の購買体験を提供する” それを実現するためには、サイト上でのユーザーエクスペリエンスを高めるための分析と細部に渡る試行錯誤、お客様とのコミュニケーション全てにおいて適格で誠意あるスピード感のあるカスタマーサポート、そして最終的にお客様の手許に届くまでに関わる行程をきちんと管理していかなくてはなりません。
そして、一度ALEXCIOUSを利用したお客様にリピーターになっていただく、そのためにはお客様が求める商品を絶えず探し求めていくこと、お客様ごとに適切な商品の提案をタイムリーに行っていくこと、お客様との積極的な双方向のコミュニケーションが必要になります。


あらゆるビジネスにおいて課題はつきものですが、今我々は世界中のユーザーを対象にしたこれらの課題に対して、わずか数名で取り組んでいます。
まだまだ現状に満足できるような規模ではありませんが、こうした課題に取り組んでいること自体に充実感を持ちながら、日々仕事をしております。


手前みそになりますが、昨日、ロシアに住んでいるお客様がALEXCIOUSでお買い上げいただいた後、ご丁寧にEメールを送ってくださいました。
その文面には、製品に対する満足、ロシアまでの配送時間が予想以上に早かったこと、カスタマーサポートのフレンドリーな対応についてお褒めの言葉が記されておりました。
非常に嬉しかったです。
世界各地のひとりでも多くの方々にこのような体験をしてもらうことを目標に、日々の仕事に引き続き取り組みたいと思います。


黒田