2019年8月26日

8月に思うこと[2019年8月26日配信バックナンバー]

8月に思うこと

この原稿を書いているのは2019年8月15日の終戦記念日です。「8月ジャーナリズム」という表現もあるそうですが、毎年8月は戦争についての報道を目にする機会が増えます。しかし、毎年ただ儀式のように戦争を思い出し平和の尊さを語っているだけで平和を維持し続けることはできません。特に最近は、戦争から遠ざかるにつれてまた戦争に近づいていくようなそこはかとない不安を感じることが多くなりました。

世界では、米中、米イラン、日韓、英国対EUなど、国内では、京アニ事件やあいちトリエンナーレでの表現の不自由展事件など、何かと対立、分断、憎悪(ヘイト)、差別、恫喝、威嚇、脅し、暴力が目立つようになってきました。ここ数年の間に、かつてないほど不寛容でネガティブなエネルギーが一気に世の中に充満した印象です。

人間の「怒り」や「憎しみ」といった感情は恐ろしいものです。一人の小さな怒りや憎しみが最後は殺人やテロ、戦争に繋がっていきます。1970年代初頭、『戦争を知らない子供たち』という歌が流行りましたが、当時の戦争を知らない子供たちも、今では皆いい歳です。 戦後生まれの戦争を知らない世代がマジョリティとなって社会の要職を占めるようになると、「戦争は二度と起こしてはならない」という当たり前のことすらだんだんわからなくなっていくようです。かつて、田中角栄元首相が「戦争を知らない世代が政治の中枢となった時は危ない」と言っていたそうです。

実際、 北方領土視察で暴言の限りを尽くし、挙句の果てには戦争による領土奪還を口にして物議をかもした国会議員がいました。世界的に対立、分断、格差が広がっていく中、日本においても子供や若者、高齢者の貧困が拡大しています。対立や分断、格差や貧困から生まれる怒りや憎しみは、好戦家たちのあおりによって容易に増幅していきます。軽々しく戦争を肯定するような言動にはくれぐれも目を光らせ続けねばならないと思います。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年8月26日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2019年7月22日

民主主義国家とはなんだろう [2019年7月22日配信バックナンバー]

民主主義国家とはなんだろう

参議院議員選挙が終わりました。投票率は48.8%だったとのことです。国政選挙で投票率が50%を割ったのは実に24年ぶりだそうです。アメリカやフランスなども国政選挙の投票率は必ずしも高くないようですが、投票率が低い理由はさまざまあっても、有権者の半分以上が投票に行かない国をはたして民主主義国家と言えるのでしょうか、、、

今回の参院選で自公が訴えたのは「政治の安定」でした。ただし、彼らが唱える「政治の安定」とは、国会を軽視あるいは無視して数の力で押し切ることのようにみえます。「あったこと」を「なかったこと」にして公文書を改竄・隠蔽したり、国家の統計データを都合よくごまかしたり、逆に都合の悪い年金報告書を「受け取らない」と閣議決定したり、、、

しかし、今回の選挙結果からシンプルに読み取れることは、投票に行かずに白紙委任した人たちも含めて、この状況を肯定している人たちがマジョリティの国なのだ、という現実です。選挙制度にもさまざまな歪はありますが、この現実は現実として受け止めるしかありません。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年7月22日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2019年6月10日

トゥキディデスの罠 [2019年6月10日配信バックナンバー]

トゥキディデスの罠

米中貿易戦争が激化しています。これはもちろん単なる貿易収支上の不均衡を問題にしただけの話ではありません。「貿易×技術覇権×安全保障」という形での米中新冷戦の始まりです。従来の覇権国家と新興国家が激しくぶつかり合う現象を「トゥキディデスの罠」というそうですが、急速に台頭してきた中国の脅威に対する米国の焦りや苛立ちは相当なものです。米国では、民主党など反トランプの人たちも、彼の対中国への強硬姿勢にはおおむね同調しています。

これまでのオープンでグローバルな経済秩序は米国にとっては不利に、中国にとっては有利に機能してきたと捉えると、トランプと習近平はそこを共通認識とした上で、トランプは今の戦略的秩序を維持したい、そしてそのために経済秩序を変えたい、習近平は今の戦略的秩序を変えたい、そしてそのために経済秩序は維持したい、という真逆の立場です。

サプライチェーン・リスクは国家の安全保障にも直結するため、グローバル・サプライチェーンの再構築が始まっています。米国や同盟国がファーウェイを締め出す一方で(英国とドイツを除く)、ロシアはファーウェイを使った5Gインフラ構築を積極推進すると発表しており、中露の接近は米国の危機感をさらに高めています。ちなみに、5Gの必須特許はその34%を中国が握っており、ファーウェイはその筆頭企業です。ファーウェイの持つ先進的な5G技術は、長く軍事力や経済力、およびそれらを支える技術力において他国を圧倒して来た米国の地位を揺るがす可能性があるのです。

今月末に大阪で開催されるG20でトランプと習近平が何を話すのかに世界は固唾を飲むことになりそうです。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年6月10日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2019年3月25日

桜を愛でる国の文化 [2019年3月26日配信バックナンバー]

桜を愛でる国の文化

春は一年の中でもっとも華やぐ季節です。桜の開花が冬の終わりと春の訪れを告げ、着慣れないスーツを身にまとった新社会人たちが街に溢れ、明るく新鮮なエネルギーが満ち溢れます。

ところで、毎年思うのですが、桜というのは実に不思議な植物です。一年のうちにたった一度だけごく限られた短い時間に限って華やかな花を咲かせ、その後はさっと散ってしまいます。

花を付けている間は、私たちを前向きで元気な気分に高揚させ、生命力を限りなく高めてくれるような気がします。一方で、花が散るときには人生のはかなさとも重ねあわせて、感傷的な気分をたっぷりと味わわせてもくれます。「散る桜 残る桜も 散る桜」という良寛和尚の名句がありますが、「生命の輝き」と「はかなさ」を、この一句の中で三度も「桜」を使うことによって余すところなく表現しているように感じます。

毎年、桜の開花を待ち焦がれ、開花とともにお祭り騒ぎをして、散る桜を見ながら人生のはかなさを思う――こんな植物は桜以外にはなかなか思いつきません。さらに付け加えると、桜は、少なくとも一年で三回、私たちを楽しませてくれます。花が散ったあとの新緑の美しさは格別ですし、秋の紅葉も見事です。

国策に沿った観光庁や旅行会社のプロモーション効果もあり、日本を訪れる外国人が急増していますが、日本の花見は海外でも広く知られるようになりました。花見を目的とした来日客も増えています。日本の文化は桜という植物なしには考えられませんが、海外の人たちにも、日本文化の奥行きを桜の素晴らしさと共に感じ取って欲しいものです。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年3月26日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2019年2月26日

東日本大震災から8年 [2019年2月27日配信バックナンバー]

東日本大震災から8年

3月11日が来ると東日本を襲った大震災から丸8年が経過したことになります。ざっと振り返ってみると、まさに激動の8年間だったように感じます。震災からの復興では、この歳月で進んだ部分と進まない部分がありますが、福島の原発災害の後処理の進捗や放射能汚染の実態については、本当のことがよくわからない、というのが多くの人たちの感覚でしょう。

加えて、最近では厚労相の統計問題が深刻ですが、森友問題での財務省による公文書改竄あたりから、だんだんと自分の母国が信用できなくなってきました。森友・加計問題をはじめ、スーパーコンピュータの補助金問題や、リニア新幹線の汚職、裁量労働制を巡る不正データ問題や、省庁や自治体などでの障害者雇用の水増し問題など、ここ数年で起きた日本の中枢が絡むさまざまな事件について、結局真相は何も解明されないまま、あるいは国民に知らされないまま、どんどん世間から忘れ去られていきます。

真相を知る人たちがそれを言わずに隠す、責任を取る立場の人たちが責任を取らずに開き直る、真実を追求する立場の人たちがその責務を果たさない、といった光景が今や当たり前のようになっていますが、当たり前にしていて良いはずがありません。

3月11日を迎えるにあたり、あらためて8年という歳月の重さを認識しつつ、そんなことを思いました。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年2月27日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2019年1月9日

2019年 新年のご挨拶 [2019年1月9日配信バックナンバー]

2019年 新年のご挨拶

新年おめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

本年4月末での天皇退位が決まってから、メディアなどで「平成最後」という表現が頻繁に使われるようになりました。日本人は、このように時間の流れをいろいろと区切ってラベルを貼り、けじめにしたり、その時代を語ったりするのが好きですよね。「昭和の時代を振り返るとか」「平成の30年とは何だったのか」といったようなタイトルのテレビ番組や新聞の特集記事などが年末年始には溢れていました。

これは、日本人が時代の流れや歴史を考える時の特性として良いことでもあると思いますが、その一方で、世界を俯瞰すると、「昭和」とか「平成」とかという日本特有の時間の塊は存在せず、ただ連続した時間の流れが過去から現在そして未来へと連綿と続いているだけです。時間の流れに対する捉え方というのは我々の世界観や発想法にも影響を与えていると思います。

「昭和世代のオヤジ」とか「平成生まれの若者達」などという表現は、一見わかりやすいようですが、無意味なレッテルを貼って我々の解釈を惑わせたり、思考停止にしてしまう危険な表現でもあるような気がします。今年は、あらためて世の中の常識や慣習に流されず、自分の眼と耳と頭で判断することを心掛けたいと思います。

2019年が皆様にとりまして素晴らしい一年となりますことを祈念しております。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2019年1月9日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。

2018年12月26日

台湾嘉儀市国立中正大学訪問 [2018年12月26日配信バックナンバー]

台湾嘉儀市国立中正大学訪問

先日、ご縁があって台湾嘉儀市にある国立中正大学にご招待いただき若い学生さん達と交流してきました。台湾のテレビ番組などで有名で「台湾の林修先生」と呼ばれる教育者であり起業家でもある王宇先生がすべてアレンジしてくださいました。中正大学の郝鳳鳴副校長先生と崔曉倩先生、沖縄を拠点にアジアで教育事業を展開している加納さんにも大変お世話になりました。

嘉儀市は台中と台南の中間位に位置する歴史ある地方都市です。台北の松山空港から入国しましたが、台北から台湾新幹線で1時間半程度のところですから距離的には東京からだと名古屋位の感覚です。中正大学は蒋介石にちなんで1989年に創立された総合大学で、広々としたキャンパスで伸び伸びと大学生活を楽しむ学生たちの姿は米国の大学のようでした。

昔ソニーでパソコンビジネスをやっていた頃には頻繁に訪れていた台湾ですが、経済学者のラム・チャランによるとこれからは北緯31度よりも南の地域の時代です。今や日本のシャープも台湾のホンハイ傘下の企業になりました。パソコンや半導体などで技術・産業立国に成功した台湾のエネルギーには凄いものがあります。人口は2300万人ですから日本の5~6分の1程度ですが、技術革新やグローバルなビジネスセンスの面では見習うべき点が多くあります。親日でも知られる台湾とはこれからもいい関係を維持していきたいものです。
さて、アレックス通信も今年はこちらが最終号となります。今年も皆様には大変にお世話になりました。社員一同心から感謝申し上げます。どうか良い新年をお迎えください。

辻野晃一郎コラム
このエントリーは2018年12月26日配信のALEXコーポレートメールマガジンのバックナンバーになります。メールマガジンの購読を希望の方はこちらのフォームからお願いいたします。